IMG_2309

ニューヨーク、マンハッタンでアロマセラピーを学ぶ 

 

アロマの教室はニューヨーク、マンハッタンのインウッドという所にあります。ヨーロッパの教会クロイスターや 自然林豊かなインウッドの森に隣接した、マンハッタンの喧騒からほど遠い静かな場所です。 2006年からアロマセラピークラスを始め、香りに興味のある皆様と貴重な時間を過ごさせていただいています。 ニューヨークのエネルギーの中でアロマセラピーと向き合う。 それは終わりのない学びであると同時に、自分らしいアロマセラピーを 一歩一歩確実に見つけてゆくことだと思います。 ” Be Yourself “, ” Do Your Aromatherapy “が可能な場所ニューヨーク。 一人一人がユニークな存在であるのと同様、一人一人香りとの接し方も違うはずです。 どんな分野のアロマセラピーであっても精油を知らずして精油と親密になることなしには、何も始まりません。 知覚が判断を生み、行動につながります。クラスでは多角的で自由なアプローチを通して、一人一人の知覚の扉を 開いてゆくプロセスを大切にし、アロマセラピーを実際の生活の各場面に役立てて行けるよう指導しています。

 

アロマセラピークラス 

アロマセラピーを日々の生活に、また人生に生かしてみたい方、一緒に学び、植物の香りに近づいてみましょう。 精油が身近になると、香りの薬箱、スキンケア、ボデイケア、香りのクラフト、香りで抗ストレス、抗菌、など自分で 手軽に楽しく日々の生活に取り入れることができます。 個人レッスン、あるいは少人数制のため自分の目的、時間に合わせてじっくり学べます。香りを通して一人ひとりの方の心と個性に向き合います。

■ アロマセラピー基礎クラス  

アロマセラピーの大切なポイントと基礎を凝縮した人気のクラス。 植物の香りにふれながら、香りの性質、アロマセラピーの歴史、植物について、精油の化学、精油の代謝と吸収、 主要精油のプロファイル、嗅覚、皮膚、安全性などについて学びます。目的を持った処方による自分のオリジナルブレンドを作ります。精油を楽しく生活に取り入れたい方のための充実した基礎講座です。

Basic Aromatherapy class – Listen to the scents  11:00 am – 1:00 pm

$500/ 5 classes (private)  $375/ 5 classes (group, 2 or more)

■ アロマセラピスト養成コース                      

植物の香りと人間の関係を深く探ります。香りとともに生きるあなた自身を発見されるでしょう。クラス終了後は、ARC (Aromatherapy Registration Council)の認定試験を受けるためのコース終了証明書が発行されます。クラスカリキュラムは、NAHA(National Association for Holistic Aromatherapy) 、AIA(Alliance of International Aromatherapists)によるMinimum of a 200 hour Level 2 Professional Aromatherapy Certification  Educational Guidelinesに沿った内容です。合格後はARC認定アロマセラピストとして、教室の開講、マッサージやエステあるいは他のセラピーとの本格的な融合、 オリジナルプロダクトの製作など、自分の得意な分野を生かしてご活躍いただけます。

Advanced Aromatherapy class – power of scents  11:00 am – 2:00 pm

$4000 (private)/ 40 classes $3200 (group, 2 or more)/ 40 classes

カリキュラム内容の詳細についてはお問い合わせください。

IMG_2513

■ ブレンディングクラス1

アロマセラピー、精油について初心者の方にも分かりやすくデザインしています。アロマセラピーもまじえながら精油に親しみ、オリジナルの香りを創作します。 植物の香りの世界にふれてみましょう。

Blending class 1 – Beginners   11:00 am – 2:00 pm

$300(private)/ 2 classes,  $210(group, 2 or more)/ 2 classes

■ ブレンディングクラス2 

すでにアロマセラピーを学ばれた方、多くの精油に精通されている方用のクラスです。各自の個性や目的に合わせ、 ブレンディングのレベルをワンランクアップします。事前に現在の問題点とご希望をご相談ください。

Blending class 2 – Advanced    11:00 am – 2:00 pm

$300(private)/ 2 classes,  $210(group, 2 or more)/ 2 classes,   Material cost $10

◾︎ 楽しいアロマ・ハンズオンクラス

好きな香りで毎日使えるものを作ってみたい、創作の喜びと使う満足感。知らずしらずのうちに植物の香りに癒されます。ボデイオイル、シャンプー、エアーミストなどのクラスを不定期に開催しています。お知らせをご希望の方はmariko@maliliko.comにご登録ください。

Aroma Hands on class     11:00 am – 1:00 pm

$100(private)/ 1 class,  $80(group, 2 or more)/ 1 class,  Material cost $10

◾︎ アロマセラピーセッション

深いリラクゼーションのためのプライベートセッションです。微細な植物の香りを感じ、今のあなたに必要な香りを一緒に見つけます。その過程を通し日常より深い脳の奥をノックします。最後にその香りを使ってハンドマッサージを行い深いリラックスに導きます。あるいは、あなたの惹かれるイメージ、例えば絵や写真や音などがあればそれを香りで表現し、香りとして感じてみましょう。知覚の転換を直感的に行う作業を通して感覚の脳を活性化します。完全にカスタムメイドのセッションのため事前にご希望をお伝えください。

Aromatherapy Session   2 hours    $150.00

◾︎ ウエルカムアロマクラス

アロマセラピーを始めてみませんか? まずはお気軽に体験レッスンにご参加ください。本を見ながら自分で勉強してみたが今ひとつわからない、オンラインコースを取ってみたが成果が感じられない、精油を買ってはみたものの使い方がどうも? そんな方は是非ここに来て精油とコミュニケーションしてみてください。クラスやアロマセラピーについてのご質問にもお答えしながら、アロマセラピーの概要をご説明すると同時に実際に精油を嗅ぎ、ブレンドを体験していただきます。

WelcomeAroma class – Introduction to Aromatherapy    11:00 am – 1:00 pm

$90(private)/ 1 session,  $80(group, 2 or more)/ 1 session

IMG_2507

■ ハイドロゾルサロン 植物を蒸留して得られた芳香蒸留水、ハイドロゾルをゆっくりテイスティングしながら、日常 見過ごしている微細な香りやエネルギーを感じとり、ハイドロゾルを生活に取り入れます。

Hydrosol salon

■ 嗅覚エクセサイズクラス 積極的に香りを感じとるエクササイズ。眠ったままの嗅覚を活性化し、知覚を豊かにします。

Active Olfactory exercise class

◉モービルアロマセラピークラス:4人以上の受講者が集まれば、こちらから出向き、ご自宅で アロマセラピークラスが受講できます。door to doorで1時間以内の地域となります。

◉プライベートクラスは常時開講しています。ご都合の良い日程をご予約下さい。

クラスのお申し込み、詳細については、お名前、お電話番号、ご希望のクラス、ご希望の日時を添えて、mariko@maliliko.com、あるいは917-600-0110まで、お気軽にお問い合わせ下さい。テーマをもったクラス開催のお知らせ、ニュースレターをご希望の方は上記のe-mail アドレスにご登録ください。

IMG_2205

受講者の方々から。

🔵 絵の世界のごとく、かほりの世界も奥が深く、いろんな組み合わせができるのですね。感動です。こんな世界があったなんて生きるのが楽しくなりました。Tomoko M.

🔵 どうなることかと思っていた産後の受験も何とか合格できて本当に良かったです。大好きなNYを離れることになってしまいましたが、アロマとの出会い、先生との出会いは6年半のNY生活の中で大きなポイントとなり、そして今後も続く大切なものとなりました。Miki S.

🔵 約3年間大変お世話になりました。これから一生アロマと一緒の生活を送ることができ、周りの人たちのいやしの助けになれればと思っています。Yukiko K.

🔵 ほんの少しの入り口をのぞいただけですが、香りの持つ奥深さ、神秘的な世界にどんどんひきこまれています。Akiko M.

🔵 Thank you so much for offering the class to us. We thoroughly enjoyed it and I look forward to wearing it during the summer months.  Laura J.

 


 

ナチュラルスキンケア

The Purest,  The Finest,  The Simplest. Effective Natural Skin Care from maliliko.

肌が働き始めたようだ。肌が気持ちいい。 なるべく肌に負担をかけないシンプルなスキンケアがいい。

私達はいつの頃から今のような化粧品を使うようになったのでしょう。 大量生産された、何を入れても、何年経っても、変質しない化粧品。 効果があると思われるものを詰め込んだような化粧品。 高度な化学によって化粧品も必要以上に複雑になってしまいました。 しかし、そんな時代はもう終わりました。 最先端の知識や技術を駆使しても到達し得ない領域があることに気付いたからです。 素材の力を生かし、肌を美しく再生してくれる道。 価値ある素材と出会い、その素材の力を発見できたとき、自ずと最もシンプルで美しい組合わせが生まれます。 数えきれないほどの自然素材はさらに選択され、本当に必要な素材だけが残ります。   私達のクリエーションの基本、それは ”足すことより足さないこと”。 シンプルなほど、肌も、体も、そして心も気持ちが良いはず。 「スキンケアってこんなに楽でいいんだ」是非、実感されてみてください。

■ 健康で美しい肌に大切なこと。

それは肌に住む常在菌が元気なこと。そして皮脂膜の状態が良いことです。 元気な常在菌は肌を弱酸性に保ち、外界の悪い菌から守り、自然のグリセリンを産生します。 皮脂膜は、肌から水分の蒸散を防ぎ、潤いを保ち、紫外線などの外敵から肌を守ります。 外からどんなに水分を補っても、温かい体温により水分は蒸発します。 ニューヨークのような乾燥した場所で水分を付け過ぎると、肌はかたく乾燥してしまいます。 保湿剤は毛穴を広げ、汚れを付着させます。 健康な皮脂膜を上手に保つことが、健康で美しい肌に最も大切なことなのです。

■ オイル

もし、たったひとつの素材が、複数の原料を配合した製品より使い易く、肌を美しく保つとしたら、 試してみたいと思いませんか? 良質なスキンケアに最も必要なものは、肌に適した植物油の選択です。 しかし、肌にそのまま使えるオイルは限られています。 ●肌がべたつかず、使用感が良いこと。 ●毛穴を詰まらせないこと。(コメドジェニックではないこと。) ●常温で酸化しにくく、保存性、安定性に優れていること。 ●肌を整える作用があること。 ●使いやすく、毎日気持ち良く使えること。 良質なオイルは肌と身体に栄養と潤いを与えます。 クリームやローションのように合成の原料や保存料を使う必要がありません。 不必要な材料の使用を避け、肌への負担を軽くします。

■ フェイスオイル

豊かな大地で育った2つの木、Argania spinosa そしてMoringa oleifera。 肌を美しく甦らせる、神聖なオイルを宿す2つの木。 土地を守り、土地の人々の糧となり、命を繋ぐ2つの木。 その木の種から搾った純粋な2つのオイル、アーガンオイルそしてモリンガオイル。 種は植物が大きく成長するための情報と、芽を出すための栄養を貯えています。 丁寧に搾られたオイルは多くの有効な植物成分をバランス良く含み、機能性を持っています。 この2つのオイルは、肌や髪の表面を変える力と内部への作用、使用感、保存性、安定性、使い易さ。単独でも、 また肌質や季節に合わせ、他のオイルと混合、あるいはお好みのプロダクトと併用しながらお使いいただけます。   ご紹介するアーガンオイル、モリンガオイルは、種の質、搾り方、保存などに妥協をせず抽出された 良質なオイルです。 そのためには、信頼できる生産者との信頼関係、お互いの情報交換はかかせません。 最大限の効果を発揮できる、最高品質のオイルを常に皆様にお届けできるよう、生産者と一体となり、 常に最善の努力をしています。   この2つのオイルと出会われた方は、とてもラッキーだと思います。 「The Simplest is the Best」が現実に可能となって、お肌を一層若く、美しく導いていくのですから。

■ アーガンオイル Argania spinosa、オーガニック、エコサート認定

抽出法:コールドプレス法(低温圧搾法)、抽出部位:種(ローストされていない仁の部分)、原産&製造:モロッコ

$11/15 ml    $21/30 ml    $24/30 ml(UV protective Violet bottle)、   大きなサイズ可

●防腐剤など一切の添加物不使用、他の材料の混入なし、色素やにおいの精製なし、搾ったままの100%自然なオイル

●モロッコのベルベル人コープから、常に搾り立てを空輸にて運ぶため、新鮮かつ100%本物のアーガンオイルを適正な価格で提供できる

●最高質といわれるアトラス山脈沿いの高地に生育したアーガンの木から良質な実だけを適切な時期に収穫し、一滴一滴ゆっくりとコールドプレス法にて圧搾

●アーガンオイルの作用

肌にのせると、すーっと溶けるようなキメの細やかさで、肌が飲み込むように、上部角質層から深部へと素早く浸透していきます。これは皮膚や髪が柔軟になることでわかります。卓越した浸透性と各種成分により、油膜感なくお肌はしっとりしなやかになり、オイル自体のキメの細やかさで肌に自然の艶と光沢が出ます。すっきりとした毛穴に導き、毛穴も目立たなくなります。つけた時の感触として、オイルなのにすっと鎮静的で気持ち良い感覚があり、肌のトーンが一段上がり、明るくなります。植物ステロールやトライターペンアルコールにより、水分と結合し皮膚の保湿と保護を促し乾燥やトラブルから守る、多数の抗酸化物による強力な抗酸化力で酸化やストレスによる老化を防ぎ、自然治癒力を高める、フェルラ酸による紫外線の吸収とメラニン生成の抑制により、シミを予防するなど、長期に渡って使用することで、各種成分が総合的に働き、肌はみずみずしく、ふっくらと甦り、しわも目立たなくなり、元気な素肌と若々しさを取り戻します。 また、乾燥した髪、傷んだ髪に潤いと光沢を取り戻します。ハードなキューティクルを素早く突き抜け内部に浸透し、同時に表面を保護し、なめらかなキューティクルを作ります。元気のない髪や頭皮に問題のある方は、地肌に擦り込むことで、頭皮の健康を取り戻します。また、スタイリングも髪が自然にまとまりやすく、湿度による毛質の変化を緩和し、ヘアースタイルを保持しやすくなります。

●アーガンオイルに含まれる成分

ビタミンE:卓越した量(当社のアーガンには826mg/kgと他のアーガンに比べても多い)を含みオリーブオイルの2〜3倍といわれています。ガンマトコフェロール86.9%、デルタトコフェロール7.7%、アルファトコフェロール5.5%の割合で含まれ、高い抗酸化作用と細胞の老化の抑制、より多くの酸素の供給、傷跡の修復と再生、保湿力の向上、そして脂質を含んだ化合物の酸化を防ぐ力が強いためオイル自体の酸化も防ぎます。

脂肪酸:飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸、一価の不飽和脂肪酸と多価の不飽和脂肪酸の割合がスキンケアには最適です。適度な油分を補い保湿性が向上し、皮膚はしなやかな感触が得られるようになります。不飽和脂肪酸、必須脂肪酸を含みながら常温でのオイルの安定性が良いのも特徴です。

植物ステロール:スコッテノール、スピナステロール、アベナステロール、カンペステロール、スティグマステロールなどが含まれ、植物ステロールは細胞膜に不可欠な成分であり、腫瘍の増殖を抑制する働きがあるといわれています。また、脂質と共に働きコラーゲンの生成を助け、紫外線や加齢によるコラーゲンの衰退から起こる皮膚の老化やしわを防ぎます。

スクワレン:人の皮膚に欠かせない皮脂成分で、皮膚を保護し、潤いを与え、皮膚の再生を助けるスキンケアの大切な成分です。アーガンオイルは他の植物油に比べると約2倍、スクワレンを多く含むオリーブオイルと同程度含んでいます。

トライターペンアルコール:水分と結合する性質を持ち、皮膚に塗ると良く伸び、皮膚の保湿と保護に役立ちます。乾燥や皮膚の表面が微生物に侵されるのを防ぎ、皮膚のトラブルや肌荒れから守ります。傷を癒す作用、殺菌作用もあります。ベータアミリン、ブティロスパモール、レペオール、ティルカロールなどが含まれます。

フェノール化合物:なかでも特にフェルラ酸はスーパー抗酸化成分といわれ、酸化防止や紫外線吸収機能が認められています。他にバニリン酸、シリング酸、タイロソールなどが含まれます。

フラボノイド:紫外線から守り、紫外線による皮膚の老化に対する素晴らしい武器となります。皮膚細胞の再生を促し、表面角質をしなやかに保ちます。

キサントフィル:アーガンオイルに含まれるカロチノイドのひとつで抗酸化力があります。

上記のような成分が絶妙なバランスで自然に組み合わされ、アーガンオイル独特の使用感と効果を発揮します。においや色などを取り去り過度に精製されたアーガンオイルは単なる油と化し、結果、酸化や劣化が早まり、皮膚に塗ると油特有のべたつきもでてきます。これでは効果も得られません。

●アーガンオイルの使い方

*洗顔後の清潔な肌に、数滴手に取り、やさしくなじませてください。肌がアーガンオイルにより再生されるにつれて、より浸透力が高まり、自分の肌に合った適量がわかってきます。

*現在お使いのプロダクトと合わせてお使いいただけます。

*ファンデーションの前あるいは合わせてお使いになると馴染みが良く、より艶やかな仕上がりになります。 *お顔のマッサージをされると、ふっくらとやわらかくお肌が甦ります。

*シャンプーの前に毛髪にすり込むことで、洗髪による乾燥を効果的に防ぎます。

*コンディショナーに少量加えることで、しっとり光沢のある髪に仕上がります。

*シャンプーの後髪をタオルで拭き、まだ湿り気が残っているうちに少量すり込むことで、まとまりやすい髪になります。また、くせ毛の方は湿度による毛髪の変化を緩和しヘアースタイルをより保持しやすくなります。

*フケの出る部分には微量すり込んでください。

*傷んだ髪、元気のない髪、頭皮の乾燥にはアーガンオイルを頭皮と髪にすり込みしばらく置いた後、シャンプーで洗い流してください。

*爪とキューティクルのメンテナンスに大変効果的です。

*美しい手のためにハンドオイルとしても使い易く効果的なオイルです。

● こんな声をいただきました!

*何をつけても顔が赤く反応し、長い間何もつけられず特に冬場は困っていたが、malilikoのアーガンオイルは大丈夫で、人生が明るくなった。マリアナ/小児科医

*この数年身体にかゆみがあり、ひどいときにはステロイド薬を使っていたが、このまま使い続けたくなかったので一部分像の肌のようになっていたところにつけてみたら一週間のうちに普通の肌に戻った。Y. 堀之内

*今まで使ったコスメにはない、経験したことのない感覚、魔法のオイルです。M. 佐藤

*米国の大手化粧品会社で働いているため傘化にある高級ブランド、ナチュラルブランドは殆ど使ったが、このアーガンオイルとモリンガオイルの方がずっと良い。プラス、健康的でアフォーダブル。ガブリエル

*何度も、いくつも塗らなくとも、肌がしっとり潤っている。H. 斉藤/エステティシャン

*美容に無頓着で40代に入りシワが気になり始めたので、アーガンオイルとモリンガオイルを使ってみたら皮膚がやわらかくなり、しわが目立たなくなった。トモコ/主婦 *お化粧の前につけると化粧ノリが良く、顔に艶がでる。Mika H.

*くせ毛で湿度があると特に手に負えなく、美容師なので数多くの製品を使ったが、アーガンを使い始めてコントロールしやすくなりヘアスタイルがまとまりやすくなった。スキンケアには特に気をつけているが最近は顔にも使っている。他のブランドのアーガンオイルは信頼できないのでこのアーガンだけを使っている。K. J./ヘアスタイリスト

*硬い思うようにならない髪だが、アーガンオイルをつけるとスタイリングが楽でくずれない。M.O./インテリアデザイナー

*頭皮が部分的にポロポロとかけ落ちて、医者の薬を定期的に使っていたがアーガンを塗った翌日改善されていた。ポール

*皮膚が弱く夏でも乾燥するのでスキンケア用のオリーブオイルを塗っていたが、アーガンに変えて皮膚のザラつきが消えた。ヤスコ

*にきびがひどく、オイリースキンだが表面は荒れて乾燥していて、何をつけて良いか悩んでいたが、アーガンとモリンガオイルは肌を刺激せず、全体的に皮膚が改善されにきびも減った。A.H.

■ モリンガオイル Moringa oleifera    オーガニック

抽出法:コールドプレス法(低温圧搾法)、抽出部位:種(外皮除く)、原産&製造:ガーナ

$13/15 ml    $25/30 ml    $28/30 ml(UV protective Violet bottle),  大きなサイズ可

●防腐剤など一切の添加物不使用、他の材料の混入なし、色素やにおいの精製なし、搾ったままの100%自然なオイル

●収穫後ていねいに乾燥し、独自の圧搾機と技術により高品質のオイルを抽出後、すぐに出荷するため、新鮮かつ100%本物のモリンガオイルを適正な価格で提供できる

モリンガオイルの作用と特徴

モリンガはトロピカル地域に育つ木で成長が早く、古代からその葉、花、実、種、根、すべてを食用あるいは薬用として利用され、成熟した種から採れるオイルはスキンケア、香油、ランプ用の油として使われてきました。独特の質感とヒーリング作用、そして酸化しにくい特徴をもったモリンガオイルは今あらためて脚光をあびつつあります。数多くの植物油のなかでもMust haveのスキンオイルです。モリンガオイルの脂肪酸のなかでもBehenic acid ベヘン酸(C22:0)が、その特性に多分に寄与していると思われ、ベヘン酸は独特の光沢を出し、輝度を高め、肌をなめらかにします。そしてベルベットのような独特の感触を与え、べたつきなくまた皮膚呼吸を妨げることなく、液体油でありながら長時間肌を保護します。そのため乾燥した肌、加齢肌、荒れた肌には特に有効です。モリンガオイルの保存期間は長く、3〜5年と言われ、他のオイルに比べ酸化、腐敗しにくく、非常に安定した寿命の長いオイルです。同様に肌にも抗酸化、抗菌作用を及ぼすと考えられます。ビタミンEはエクストラバージンオリーブオイルに比べ2倍以上、アルファ、ベータ、ガンマトコフェロールの他、希なデルタトコフェロールも含み、これは他のトコフェロールより強力な抗酸化力があるといわれ、オイル自体の酸化を防ぐと共に、肌の抗酸化力を高めます。重要なフィトケミカル、多種の植物ステロールや細胞の成長を促す植物ホルモンであるサイトキニン(とくにzeatin)を多く含んでいます。スキンケアとして、しわを目立ちにくくする、組織を引き締める、皮膚を保護する、そして肌全体ををふっくらさせるようです。古代文明では治癒目的の軟膏の原料として、スキンケア材として、香油のベースとして(保存が長く、香料の保留を高めるため)使われてきました。

● モリンガオイルの使い方

洗顔後の清潔な肌に数滴つけてください。美容にはアーガンオイルと併用するとより効果的です。その場合まずアーガンオイルを浸透させ、その後モリンガオイルを塗られることをおすすめします。

● こんな声をいただきました!

*仕事柄、また体調の崩れから手のひらが荒れ、水疱が次々にでき、腫れる、切れる状態が2ヶ月ほど続いていたが、モリンガオイルをつけて手が鎮静し始め、痛みも治まり二日後には目に見えて改善され始めた。M.O./大工

*生まれながらのアトピー体質で、赤い湿疹、かゆみが絶えない肌につけたら、1時間で皮膚から赤味やかゆみが消え驚いている。Miwa

*クリームや美容液をつけても朝になると肌がドライになっていたが、このオイルはべたつかず朝まで肌が潤っている。Hiroko

*50才を過ぎてあきらめかけていたが、小じわが減り、ほうれい線が目立たなくなり、たるみも改善され全体的に若々しくなった。Martha

*若い頃から美容が大好きで、しかし肌が弱くいろいろ試してきた。モリンガオイルに出会ってからはこれしかつけていない。Yumi

▪️フェイスセラムオイル

 

 


 

■ シアバター     $6.00/ 1/4lb    $11.00/ 1/2lb     $21/ 1lb 

2006 年に出会って以来、ガーナのCo-opのシアバターを使い続けています。コスメティックの材料として使われるシアバターは脱臭、脱色されたものが多く、そ れらは最も大切な微量成分、例えば色素/フラボノイド、芳香成分、ビタミン、フィトステロール、などが抜き取られた単なる油脂と化し、効力も発揮できない どころか、酸化や腐敗も早く起こります。このCo-opで作られる最高品質のシアバターは生育から生産までオーガニックと言って良いクオリティで、地元の 女性達の手によって丁寧に作られています。やさしいアイボリー色、にごりのない匂い、なめらかで程良い硬さの質感、肌の上にのせるとスーっと溶けてなじん でゆきます。子供達も荒れた手やリップにこの純粋なシアバターが大好きです。日焼けも防げます。もちろんスキンケアの材料としてもかかせない大切な素材で す。

■ アルニカオイル    $10/30ml.   $18/60 ml

私 の尊敬するマッサージ師、秋山祥子氏がマッサージオイルにアルニカを加えることの効果を話されたことがきっかけで、私のアルニカ探しが始まりました。ご紹 介するアルニカ抽出油は、薬用、食用、コスメティック用植物エキス抽出専門の設備と管理の整った米国の工場で浸出法により抽出されたアルニカオイルです。 原料植物の品質管理、抽出プロセス、衛生面、雑菌検査、保管など一貫した管理のもとに製造されています。2012年の北米、ヨーロッパのArnica Montana種不作のため、調査の結果、2013年用にはメキシコ産のアルニカ Heterotheca Inuluides種が選ばれました。アルニカ抽出油は昔から末梢の血行促進剤として有名です。切り傷のない打ち身、青あざ、捻挫に、脚の静脈うっ血、浮 腫に、筋肉疲労、リウマチ、関節炎、スポーツの前後に、虫さされによる腫れ、頭皮の血行促進、育毛促進に有効です。近年、メキシカンアルニカには、末梢血 行促進、抗炎症、鎮痛に加え、フリーラジカルスカベンジャー、油の酸化を防ぐ抗酸化作用が認められています。また、コスメティック分野の研究により、皮膚 外用においてアルニカの抗シミ、抗老化作用が確認されています。精油、油溶性物質、他の植物油とブレンドすることで、より一層ターゲットされた効果を得る ことが可能でしょう。使用上の注意として、傷口をふさぎにくくするため、切り傷、口の開いた傷へのご使用は避けて下さい。またキク科アレルギーの方も注意 が必要です。外用のみ使用。


 

■ 精油   

精油のリストはproducts&serviceページに行き、click hereを押してご覧ください。

植 物の精、エッセンスです。精油は私の仕事のコア、エッセンスになる部分で、そのクオリティには妥協できません。米国は日本より市場も大きく、また開かれて いるため、精油の妥当な相場や収穫による変動などが、私達個人にもわかり易く、それだけに選択も慎重になります。精油は決して付随する表示、例えば organic, pure, natural, FDA approved, などの諸々の言葉に頼って選ぶことはできません。精油は”香り”ですから。薬、食品フレーバー、香水、コスメティック、アロマセラピー、それぞれの用途に よってクオリティの捉え方が違ってきますし、気候、産地、抽出法、抽出の技術などにより、グレードや香りの構成成分に差がでてきます。頼りになるのは、経 験による自分の鼻、そしてサプライヤーとの信頼関係です。精油、”香り”はそれぞれが速い独自の動きをもっています。香りによって、生命をもつすべてのも のは、微生物から植物、動物、人間まで、反応を余儀なくされます。植物界の中でも、ほんの一部の強い香りをもつ植物達から他の生命体への香りのギフト、大 切に役に立てたいと思います。